筋トレなしできれいなボディラインを作る方法とは?

 

学生時代や若いころは運動や体を動かすことが多く、気にもしていなかったのに、いつのまにか変わっていたボディラインにがっかりした経験はありませんか?
下着の上に乗った腰回りの脂肪、夏場に露出したときの太くなった二の腕。こんなはずではなかった、と焦る人も少なくないでしょう。

 

特に社会人になり、なかなか運動をする時間がとれなかったり、日々の肉体的疲労で運動をする気になれなかったりとトレーニングを続け、スタイルを維持することが難しいライフスタイルの人も増えています。

 

そこで時間がなくても、体力がありあまっていなくても続けられるトレーニング方法をご紹介します。この方法を続けると、くびれができて、ぽっこりとしたお腹もすっきりとして、ひとまわりボディラインが細くなります。
その方法をご紹介します。

 

  1. 足を肩幅に開き、体を安定させます。
  2. 鼻筋とおへそを一直線にするイメージで、自分の軸を意識します。
  3. 右の腰をキュッと思いっきり上にあげます。この時、おへそは、先ほどの中心の軸の位置のままにします。その中心も動いてしまうと、効果が出にくくなってしまいます。
  4. 次にゆっくりと上げた腰を中心に戻し、左へ同じようにあげてください。
  5. これを50回続けます。(最初は少ない回数からスタートでももちろんOKです。)

 

この時、特に意識するべき重要なポイントは、

  • ・おしりを後ろにつきださない
  • ・猫背にならないようにする。
  • ・後頭部、肩の後ろの部分、背中、おしりが壁にぴったりとついたようなイメージにする。

 

そうすることによって、インナーマッスルが鍛えられます。
具体的には、腰を左右に動かすことによりお腹の横の筋肉がつきますので、自然と腰回りがすっきりとしてきます。また、体の軸と壁に一直線にくっつくことを意識することによって、お腹と背筋に力がはいるので、姿勢がよくなります。そのため、下腹部のたるんだ筋肉も引き締まるというメリットがあります。

 

これをお風呂上りの髪を乾かしている最中、歯磨きをしながら、テレビを見ながらなどついでにやると気軽に続けられると思います。がんばりすぎは続かないことがあるので、やらないよりはベターかもしれない、という意識で続けていると、あるとき体の変化に気がつく日がくるはずです。

関連ページ

美肌への近道は内からと外からのケア!
決して高級な化粧品などは必要ないと思っています。本当に効果のある酵素ドリンクと、格安なフェイスパックで充分美魔女に近づけますよ。
サプリでシミ消し『ハイチオールC』を実践中
しみだけは年齢をごまかせないということで、シミ消しサプリハイチオールCホワイティアを試しています。
ほうれい線は加齢のせいだと諦めてはダメ
いくつかほうれい線対策として簡単に取り入れられるものをご紹介します。
老化(アンチエイジング)は、先手を打つ事が大切
アンチエイジングには、先手を打つことが大事です。日々気をつけたい老化しない方法について綴ります。
今からでも大丈夫!40代からはじめる美肌ケア
まだ間に合う!40代からでも遅くはありません。美肌ケアについて綴ります。
10歳若返る?気になるたるみを解消する!
たるみ対策には日々の努力が不可欠となります。10歳若返るたるみ対策をお伝えいたします。
ローズヒップオイルでオイル美容を続けています!
オイルは肌への浸透が良く、美容液のように使うことができるので大変気に入っています。数あるオイルの中でも最も愛用しているオイルが「ローズヒップオイル」です。
美肌は内側から!
スキンケアをしっかりするのはもちろん重要ですが、内側から美肌を作ることが10年後、20年後のためにもっとも重要です。
ニキビのない透明感のある美肌を作るためには
肌は日焼けや不摂生でニキビができたりして、いつまでも何もしないでも美肌でいることはできません。透明感があり、くすみのない肌を保つためにはまずスキンケアをする必要があります。
空手で美しく、立ち振る舞い、仕草の美しさを空手で作る
空手を学ぶことにより、立ち居振る舞いの美しさ、スキのない美しさを醸し出せるような女性になりませんか?
ニキビ肌の人のための正しい洗顔のやり方
ニキビを早く治すために、ただ洗顔をすればいいと言うわけではありません。正しい洗顔で肌を守りながらターンオーバーを促すことが大切です。
忘れていませんか?舌のケア
見た目のお手入れだけでなく、舌のケアも大事なんです。でもどうやってケアするの?そんな疑問にズバリとお答えします。
美容にはルイボスティーって知っていましたか?
美容に気を配る女性はみんな知っている、ルイボスティーの凄さ。いったいどんな美容効果があるのか解説します。