ニキビのない透明感のある肌を作るためには

 

肌は日焼けや不摂生でニキビができたりして、いつまでも何もしないでも美肌でいることはできません。
透明感があり、くすみのない肌を保つためにはまずスキンケアをする必要があります。

 

日焼けをした肌は敏感なので鎮静させてからしっかり保湿していきますが、
そのうち何日かしてからピーリングをするようにします。
ピーリングすることで古い角質を取り除き、肌本来のもともとの新しい角質を取り戻すことができます。

 

年齢によって衰えてしまいがちは肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進させてあげることで、
メラニン色素の沈着を防ぐことが出るようになり、シミやくすみ、角質層の汚れ、
黒住が薄くなって透明感のある肌がつくられるという美白効果も期待できます。

 

そのピーリングで一番取り入れやすいのはピーリングソープです。
ピーリングジェルもありますが、こちらは余計な角質まで落としてしまいごしごしと肌を傷つけやすいのでおすすめしにくいです。

 

ピーリングソープとしては『クレンジングリサーチソープ』があげられます。
AHAというフルーツ酸が古い角質を除去してくれます。

 

ピーリングソープで洗顔

使い方としては週に1〜2回ほどこの石鹸で洗うのです。
洗顔ネットなどで、しっかりこのソープを泡立たせて、泡で覆うように顔を洗っていきます。
しっかりと泡を切ってあげた後で、即座にいつも使っている化粧水をつけます。

 

パック

そして今度はパックをしていきます。
ピーリングした後の肌は非常に乾燥していて、敏感な状態です。
そこでしっかりと美容液の入っているパックをすることでより化粧水を浸透させて保湿することができます。

 

乳液

パックを10〜20分ほどしたら、今度はしっかりと乳液をつけていきます。
化粧水をたっぷりつけても乳液をつけずにいると、肌から蒸発が起こってしまい、より乾燥をさせてしまいます。
しっかりと乳液で肌にふたをすることで乾燥を防ぎます。

 

また化粧水やパックをするときに、保冷剤などで肌を冷やしながら毛穴を引き締めることも大切です。
毛穴を引き締めて、汚れが入りにくい肌を目指すことができます。

 

少しの手間ですが、1日のうち少しは自分の肌を労わる時間を取ることが美肌をつくる第一歩です。

関連ページ

美肌への近道は内からと外からのケア!
決して高級な化粧品などは必要ないと思っています。本当に効果のある酵素ドリンクと、格安なフェイスパックで充分美魔女に近づけますよ。
サプリでシミ消し『ハイチオールC』を実践中
しみだけは年齢をごまかせないということで、シミ消しサプリハイチオールCホワイティアを試しています。
ほうれい線は加齢のせいだと諦めてはダメ
いくつかほうれい線対策として簡単に取り入れられるものをご紹介します。
老化(アンチエイジング)は、先手を打つ事が大切
アンチエイジングには、先手を打つことが大事です。日々気をつけたい老化しない方法について綴ります。
今からでも大丈夫!40代からはじめる美肌ケア
まだ間に合う!40代からでも遅くはありません。美肌ケアについて綴ります。
10歳若返る?気になるたるみを解消する!
たるみ対策には日々の努力が不可欠となります。10歳若返るたるみ対策をお伝えいたします。
ローズヒップオイルでオイル美容を続けています!
オイルは肌への浸透が良く、美容液のように使うことができるので大変気に入っています。数あるオイルの中でも最も愛用しているオイルが「ローズヒップオイル」です。
美肌は内側から!
スキンケアをしっかりするのはもちろん重要ですが、内側から美肌を作ることが10年後、20年後のためにもっとも重要です。
空手で美しく、立ち振る舞い、仕草の美しさを空手で作る
空手を学ぶことにより、立ち居振る舞いの美しさ、スキのない美しさを醸し出せるような女性になりませんか?
ニキビ肌の人のための正しい洗顔のやり方
ニキビを早く治すために、ただ洗顔をすればいいと言うわけではありません。正しい洗顔で肌を守りながらターンオーバーを促すことが大切です。
忘れていませんか?舌のケア
見た目のお手入れだけでなく、舌のケアも大事なんです。でもどうやってケアするの?そんな疑問にズバリとお答えします。
美容にはルイボスティーって知っていましたか?
美容に気を配る女性はみんな知っている、ルイボスティーの凄さ。いったいどんな美容効果があるのか解説します。
筋トレなしできれいなボディラインを作る方法とは?
筋トレなしできれいなボディラインを作る方法について解説します。